就活生にちゃんと届く採用サイトの作り方

採用サイトとは

既存のコーポレートサイトとは別に「採用サイト」を作る企業が増えています。従来のコーポレートサイトにも「採用情報」はありましたが、どうして別サイトとして立ち上げる必要があるのでしょうか。それは「採用情報」の枠には収まらない情報を発信する必要があるからです。従来の採用情報に掲載されていた情報は募集要項や社員紹介、福利厚生などでした。しかしそれだけでは現在の売り手市場では不十分なのです。

採用サイトは採用情報を抜き出したサイトではない

よくある間違いは、従来のコーポレートサイトの「採用情報」を抜き出して「採用サイト」を独立させるという考え方です。これは根本的な間違いです。「コーポレートサイトが古いしデザイン的に良くないからコーポレートサイト全体をリニューアルしたいけど、費用がかかりすぎるから、とりあえず採用情報を抜き出して採用サイトだけを作ろう」と安易な考えで採用サイトを作ってはいけません。採用サイトはコーポレートサイトとはまったく別のサイトとして考えるべきものなのです。

相手が変われば話す内容も変わる

コーポレートサイトのターゲットは基本的にクライアントです。BtoBの企業でもBtoCの企業でも同様です。当然サイトの内容はクライアントに向けたものになります。社長の挨拶、製品やサービスの紹介、価格やサポートなどなど。たとえば製造業の場合、クライアントが求めているのは技術情報や生産設備、品質管理体制なので、専門的な内容になります。ようするに営業トークです。

採用サイトのターゲットはもちろん就活生です。知りたい内容は「この会社はどんな会社か」です。すでにエントリーの意志が固まっているのであれば募集要項があればじゅうぶんですが、企業研究の段階で見た場合には、何をしている会社で、どういう仕事があって、どういう社員がいて、と企業のアウトラインを知りたいと思うでしょう。では、コーポレートサイトに掲載されているクライアント向けの情報を就活生が見て、ちゃんと把握できるでしょうか。クライアントが知りたい内容と就活生が知りたい内容は違うのです。

採用サイトの正しい考え方

繰り返しになりますが、コーポレートサイトの「採用情報」を抜き出して「採用サイト」を独立させるという考え方は間違いです。そもそも「採用サイト」という呼び方がいけないのかもしれません。正しい考え方としては、従来のサイトは「クライアント向けコーポレートサイト」で、採用サイトは「就活生向けコーポレートサイト」です。

採用サイトの制作

基本的なページ構成

以下の表はベーシックな採用サイトのページ構成です。業界によって内容は異なりますが、就活生は何を知りたいかを基本に考えることが重要です。大きな分類でいうと「事業(クライアントに何を提供しているのか)」「働き方(事業のために社員はどのように働いているのか)」「募集情報(どういう人材を必要としているのか)」が三本柱です。

カテゴリー ページ 内容
事業内容 ミッションとビジョン 会社が現在行っている事業と今後のプランを書きます。社長が語る形式で「トップメッセージ」としてもいいでしょう。学生は企業の将来性に注目します。重要なのは「現在と未来」を説明することです。
ビジネスモデル 会社がどのように利益を上げているかをできれば図示して説明します。顧客は誰で、どのような価値を提供しているのか。長く業界にいると当たり前のことがわからなくなってくるので、自分の子供にわかりやすく説明することをイメージするといいでしょう。
サービス・商品 具体的にどのようなサービスや商品があるかを説明します。同業他社との差別化要素があるとわかりやすくなるでしょう。
仕事内容 仕事の流れ(社員紹介) 多くの採用サイトに「社員紹介」がありますが、就活生が知りたいのはどんな社員がいるかではなく、どんな仕事がありどんな人が携わっているかです。顔を出せばいいと思って営業職の社員ばかり並べているようなサイトがありますが、あまり意味はありません。タイトルを「社員紹介」にする場合には部門ごとに整理するなど工夫をしてください。「仕事の流れ」や「職種紹介」と「社員紹介」を兼ねると効率的で効果的です。
社員の一日 必須のコンテンツではありませんが、就活生に入社後のイメージをつかんでもらうことができます。そのためにはベテラン社員を出すのではなく、入社2〜3年目の若手をピックアップすることが重要です。
環境・働き方 福利厚生・制度 最近の就活生は仕事の内容よりも休日や残業、福利厚生で企業を選ぶという調査もあります。良い会社は社員を大切にするという考え方があるのでしょう。実際のイベントの様子などを写真で紹介すると効果的です。
データ 平均年齢や男女比、部門ごとの文系理系比率、管理職データなどをグラフで表現します。歴史のある会社だけど若手が多いとか、システム会社だけど文系が多いとか、就活生に知ってほしい会社の全体像をデータとして見せることが重要です。
部活・サークル 就活生に意外と響くのが部活・サークルの情報です。みんなが笑っている写真を出しやすいので、会社の雰囲気を伝えるには便利なコンテンツです。
募集情報 求める人材(採用担当者メッセージ) どういう人材を求めているのか、採用担当者からのメッセージを発信します。就活生へのアンケートでは合同企業説明会では採用担当者がどういう人かでエントリーするかどうかを判断するという調査もあります。普段から何をどのように話すかトレーニングすることも必要になります。
新卒採用募集要項 文字ばかりのページになるので読みやすいデザインにすることが必要です。
インターンシップ インターンシップをやっていない時期でも、今年度のインターンシップは終わりましたと書くだけではなく、どのような内容でやっているのかがわかるようにしてください。
中途採用募集要項 中途採用をしている場合、たんに募集要項を載せるだけではなく、新卒採用とは分けて社員紹介や待遇を出す必要があります。

サーバーとドメイン

採用サイトを作るにあたってコーポレートサイトと別ドメインにしたほうがいいのか、サブディレクトリではなくサブドメインにしたほうがいいのか、という質問をよく受けます。結論からいえばどちらでも構いません。大手の企業でもサブディレクトリに置いているところも多くありますので、サブディレクトリでいいのではないでしょうか。ただアドレスに「2020」などの年を入れるのはおすすめできません。SEO施策としても同じものが望ましいですし、今後の通年採用を考えると年で分けることはマイナスになります。

参考にしたい採用サイト

デザインとコンテンツで参考にしたい採用サイトをいくつかまとめました。大企業のものは規模が違って参考にならないと思われるかもしれませんが、コンテンツのまとめ方や写真の撮り方など参考にできる点はたくさんあるはずです。

FPコーポレーション

全体のページ数は多くはありませんが、コンパクトにまとまっており、わかりやすいサイトです。トップページで会社のアウトラインを説明し、各部門をインタビュー形式で紹介しています。写真や動画の使い方も参考になります。

https://www.fpcorp.co.jp/company/recruit/

アース製薬

企業の現在と未来がわかりやすく説明されていますし、職場の明るく前向きな雰囲気も伝わってきます。まさに採用サイトのお手本といえるクオリティです。「よくある質問」もうまくまとめられているので項目の参考となるでしょう。

https://corp.earth.jp/jp/recruit/graduate/

日本電産

全体的にコンテンツが良いのですが、とくに会社のことを紹介した「日本電産アウトライン―5分でわかるNidec―」がよくできています。会社の特徴は社内にいるとなかなかわからないものなので、第三者の視点も入れて考えることが重要です。

https://www.nidec.com/corporate/recruit/gradu/

アクサダイレクト

デザイン的にもコンテンツ的にもとてもよくできたサイトです。「FAQ」のページも就活生のニーズを考えた内容になっています。最近は当然スマホでの閲覧がメインになりますが、スマホで見たときのUIがとても参考になります。

https://www.axa-direct.co.jp/company/recruitment/

エース株式会社

デザイン的にわかりやすく参考になります。「カルチャー」というページは就活生のニーズにマッチしたコンテンツになっています。

https://www.ace.jp/recruit/newgraduate/

エン・ジャパン株式会社

何をやっている会社なのか、現在から未来へのつながりがとてもわかりやすく表現されています。また「プロジェクトストーリー」は読み物としても面白くよくできたコンテンツです。就活生は自分を投影して働き方をイメージできるでしょう。

http://corp.en-japan.com/company/recruit/

大成建設

伝説的なキャッチコピー「地図に残る仕事。」をコンセプトに作られていて、ブランディングのお手本のようなサイトです。また出身学科系統と職種とを図示した「職種と専攻マトリクス」は素晴らしいコンテンツです。

https://www.taisei.co.jp/saiyo/new/

関連ページ

詳しくは関連ページをご覧ください。

お気軽にご相談ください

全国47都道府県対応。予算や仕様に応じて最適な提案を行います。

お問い合わせ

info@semi-colon.net

電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)

076-274-0084