自動組版 DTP

自動組版とは

自動組版とは紙の商品カタログや情報誌など、ページ数が多い印刷物を作るときに、1ページずつを手作業でやるのではなく、データベースとプログラムを使って、自動的に組版(原稿をレイアウトにしたがって配置する印刷工程)する方法です。一定のルールにもとづいて自動的に組版を行うので、納期の短縮やコストダウンなどのメリットがあります。

自動組版のメリット

  • リードタイムの短縮および品質の均一化を図ることができる
  • ページ数が多いものではとくにコストを抑えることができる
  • 同じレイアウトであれば次回移行の費用が大幅に抑えられる
  • データベースと連携を行うため、Webや電子書籍などへの展開がしやすい

自動組版のデメリット

  • ページ数が少ない場合は割高になる
  • 初回はシステム構築が必要なため初期導入までに時間がかかる
  • イレギュラーが多いレイアウトには対応できない

上記のメリットとデメリットから、自動組版に向いているものとしては下記のようにまとめることができます。

自動組版が向いているもの

  • ページ数が多い(商品カタログ、大学シーズ集、名簿など)
  • リピートがある(定期刊行物、情報誌、名刺など)
  • 定型レイアウト(商品カタログ、大学学位記など)
  • Webとの連携が必要(アパート情報誌など)

自動組版の概要図

自動組版のよくある質問

自動組版はすぐできる?

事前準備にデータベースやシステムの構築といった作業が必要になってきます。最初に時間がかかりますが、リピートすることによって時間短縮などの自動組版のメリットがでてきます。

どんな誌面でも自動化できる?

パターン化できる定型のレイアウトであれば可能です。また、レイアウトが不定型でもテキストがパターン化していれば、スタイルシートをあてることにより(タグ付け)、体裁の自動化が可能です。パターン化できないレイアウトは自動組版には不向きです。

自動組版は校正がいらない?

校正がなくなるわけではありませんが、手動で作業を行うより人為的なミスは減ります。元となるデータが間違っていなければ、何千ページというボリュームのものであれば、抜き取り検査でじゅうぶんな場合もあります。

お気軽にご相談ください

全国47都道府県対応。予算や仕様に応じて最適な提案を行います。

お問い合わせ

info@semi-colon.net

電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)

076-274-0084