GoogleアナリティクスはGA4に

Googleアナリティクスを利用されている方はご存知のとおり、従来の「ユニバーサルアナリティクス」(以下「UA」)は2023年7月1日から使えなくなるため、「Googleアナリティクス4」(以下「GA4」)に切り替える必要があります。注意しなければいけないのは、これはバージョンアップではないということです。なのでこれまでのデータを引き継ぐこともできません。ゼロスタートです。「4」という番号がついているので紛らわしいのですが、まったく別のツールを使うと思ったほうがいいでしょう。

注意点まとめ

  • 従来のGoogleアナリティクスは2023年の6月末で終了する
  • 自動的にGA4になるわけではないので事前の設定が必要
  • UAのデータはGA4に引き継げない

GAとGA4との違い

分析するものが違う

UAとGA4とのもっとも大きな違いは、分析するものの違いです。UAが分析していたのが「セッション」だったのに対し、GA4では「ユーザー」になります。「アクセス解析」といいますが、これまではまさにアクセス解析のツールでした。Webサイトにどのくらいのアクセスがあったかを分析していたのです。

GA4で重視するのはユーザーです。たとえばサイトに迷い込んで「ん?ここじゃない」と直帰した人と、知りたい内容を確認して直帰した人がいたとして、UAではどちらも1つのセッション、1つの直帰として計測されてしまいます。訪問の質がわかりにくいのです。GA4ではユーザーの行動をイベントとして計測し、訪問の質を分析するツールといえるでしょう。

またGA4では異なるデバイスを横断してユーザーを把握することができます。たとえばPCで見ていたサイトにアプリがあることを知って、スマホでそのサイトを再訪し、アプリをダウンロードしてそのアプリ内で何かを購入したという場合でも、同一ユーザーの一連の行動として把握することが可能になります。

計測指標が違う

UAでは「セッション」単位での計測でしたが、GA4では「イベント」単位になります。「イベント」というのはユーザーのアクションです。UAにも「イベント」はありましたが、それはPDFのダウンロードだったり、外部サイトにリンクを張ったバナー画像のクリック数だったりを計測するものにつかっていました。ページビューとイベントとが別のものだったのですが、GA4ではそれらがすべて「イベント」になると思えばわかりやすいでしょう。どこのページが見られたかではなく、ユーザーが何をしたかが指標となります。

構造が違う

GA4ではUAにあった「ビュー」がなくなりました。UAでは「アカウント>プロパティ>ビュー」の構造となっていましたが、GA4では「アカウント>プロパティ>データストリーム」という構造になっています。これだけみると「ビュー」が「データストリーム」に名称変更しただけのように思えますが、まったくの別物です。これまで「ビュー」の使い方として、IPのフィルタをかけたものとかけないもので分けたり、特定のディレクトリだけを分けたりしていましたが、「データストリーム」ではそういう使い方はできません。

画面が違う

画面も大きく変わりました。メニュー項目はUAでは「リアルタイム」「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」でしたが、GA4では「レポート」「探索」「広告」となり、どこを見たらいいのか戸惑うことでしょう。コツとしては、いままでのあれはどこだ?と探さないことです。まったく別のツールを使うつもりで使いはじめることをおすすめします。

名称や定義が違う

UAではおなじみだった「直帰率」「離脱率」「ページ/セッション」などの指標が廃止されました。「ページビュー数」は「表示回数」と名称が変わりました。新しく追加された指標としては「エンゲージのあったセッション数」「スクロール」「クリック」などがあります。

エンゲージメントは「直帰率」や「離脱率」といった指標がなくなった代わりに追加された指標で、デフォルトでは次のように定義されています。

  • 10秒以上継続したセッション
  • コンバージョンが発生したセッション
  • 2回以上のスクリーンビューやページビューが発生したセッション

必要な設定

データ保持期間の変更

GA4に新しく追加された「探索」という機能を使って集計したデータは、デフォルトの設定では「2カ月」で消えてしまいます。この期間は「2カ月」か「14カ月」か選べるため、この機能は使わないかもしれませんが、いちおう長めの「14カ月」にしておきましょう。

サーチコンソールとの連携

GA4でもUAと同様にサーチコンソールと連携することができます。ただあらためて設定する必要があるので、忘れずに設定しましょう。

コンバージョンの設定

UAではコンバージョンはURLを指定するだけで設定できましたが、GA4ではイベントを作成する必要があります。たとえば申込みフォームの完了ページをコンバージョンにするためには、「完了ページにページビューのイベントが発生した」のようなイベントを作成することになります。

おわりに

GA4はアクセス数の分析ツールではなく、マーケティングツールとして捉える必要があります。たんにアクセス数を知りたいだけであれば従来と同じような使い方はできますが、せっかくなので活用したいですよね。わたしたちはGA4の活用も含めデジタルマーケティング全般の支援をしているので、ぜひご相談ください。

関連ページ

詳しくは関連ページをご覧ください。

お気軽にご相談ください

全国47都道府県対応。予算や仕様に応じて最適な提案を行います。

お問い合わせ

info@semi-colon.net

電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)

076-274-0084